レーシック適応検査について

手術前に行われる、レーシック適応検査では、主にどのようなレーシック手術法が向いているのか 眼球の角膜部分がレーシックを受けるに適しているかについて、検査します。
検査は、執刀医か登録を受けた視能訓練士(国家資格)によって行われます。

リスクを最小限に抑えるために重要な検査ですので、2時間程度要しますが、検査費用は、一切無料の病院が多いです。
また、痛みを伴う検査はありません。

適性検査の内容はコンタクトレンズを作成する際の検査とほぼ同等で、下記の項目が検査されます。

レーシック適応検査内容
検査項目検査内容
裸眼の視力測定片目視力、両目視力と、通常の視力測定と同等の検査を行います。
角膜細胞数の測定角膜内に十分の細胞数があるかどうかを検査します。
眼圧の測定眼球内に満たされる眼内液の圧力(通常は大気圧より少し高い)が正常に保たれているかを検査します。
屈折度数の測定専用機器で眼球に光を当て視力の度合いを測定し、乱視の有無などを診断します。
瞳孔直径の測定瞳孔の動きや大きさが正常であるかどうかを検査します。
眼底(網膜)測定眼球最深部の映像を映し出す部分「網膜」に異常が無いかを測定、検査します。
角膜形状・厚み(強度)の測定レーザー照射に適した角膜形状、厚みがあるかを測定します。


なお、適性検査の後に、実際に手術を行う執刀医によってカウンセリングが行われ、 適性検査で算出されたデータを元に、どのような手術プランが向いているかなどと言った判断が下されます。

信頼できるクリニックを見つけることが大事!!

レーシックを行う病院選びは、信頼できるクリニックを見つけることが大事です。
そのために、無料で受けられるカウンセリングを利用するのが最も効果的です。

ホームページの口コミなどだけで判断するのではなく、実際にカウンセリングに行き、レーシックに関する質問などを納得のいくまで聞き、 その際のドクターの対応というのはしっかりとチェックしておきましょう。

無料適応検査が受けられる病院一覧



次に、レーシック手術の流れを見てみましょう!

このページの先頭へ