レーシック手術の流れ

手術当日の、レーシック手術の流れについて、ご紹介します。

麻酔

点眼剤で麻酔をして、目を洗浄します。

フラップの作成

マイクロケラトームという機械を使って、角膜の表層にフラップを作ります。
フラップとは、角膜のフタのようなもので、このフタの内側の角膜にレーザーを当てて、角膜の形を修正していきます。

レーザーの照射

レーザーで角膜の形を修正します。
最新のレーザー装置にはアイトラッカーという機能がついており、 手術中に目が動いたてもコンピューター制御によって正しい位置にレーザーの位置が修正されるので、心配いりません。
レーザーの照射時間は、およそ数十秒です。

フラップを戻す

角膜の修正が終わったら、フラップを元の位置に戻します。

洗浄

最後に目を洗浄します。 所要時間は全行程で15~20分です。角膜は角膜内皮作用という自然な作用で、自然に接着していきます。

レーシック手術で変わるコト!!

  • メガネやコンタクトがわずらわしい → 裸眼で快適!
  • メガネやコンタクトで目が疲れる  → 目が疲れなくなる
  • コンタクト代がかかる → 一切かからなくなる
  • コンタクトの付け外しと保存が面倒 → 面倒な作業から解放される
  • 汗をかくとメガネのレンズが曇る   → 不快な思いをしなくなる
  • コンタクトで目にゴミが入ると痛い → そのようなことがなくなる
  • スポーツはメガネ・コンタクトが不利 → 裸眼でスポーツができるようになる
  • 水泳のとき何も付けないのでよく見えない → 水中でも視界くっきり

レーシック手術で定評がある病院一覧



次に、レーシックのリスクを見てみましょう!

このページの先頭へ