レーシック手術中

レーシック手術は、以下の流れで行われました。

まず、眼球の洗浄を行い、点眼による麻酔が行なわれます。
麻酔の効果が現れるまで数分間待たされ、その後手術室へ案内されます。

次に手術台に寝かされ開眼器で眼を大きく開かされまぶたが固定されます。
開眼器によってその後一切瞬きはできなくなります。
瞬きができなくなり、眼が乾くのではないかと心配しましたが、 水を目に流し続けているため、乾くことはありませんでした。

その後、執刀担当医の指示と共に眼が固定されます。
固定される圧迫感はありますが、耐えられないような痛みなどは感じられませんでした。

固定された眼球表面の角膜にマイクロケラトームで、フラップが作成され、 フラップをめくりコンピューター制御されたエキシマレーザーが照射されます。
このとき光の中心を見つめるようにしますが、なかなか光の中心を見続けることは難しく感じました。
だけど、多少ずれても眼球の微動を 追尾システム搭載機を備えた品川近視クリニックでは、安心でした

エキシマレーザー照射後、フラップをもとの位置に戻し数分間じっとしている とフラップは自然と接着します。その後に再び洗浄消毒して終了です。

手術が終わった後は、休憩室で30分ほど安静にしてから再び手術の仕上がり具合を 医師に確認してもらい、異常がなかったら、代金を払って帰宅できます。  

なお、手術後は眼を保護する眼鏡をしなくてはなりません。(眼鏡は手術後に病院から支給されました。)

私がレーシック手術をした品川近視クリニック

品川近視クリニック

レーシック

日本トップクラスの症例数を誇る、品川近視クリニックでは月に2万症例以上の視力回復手術を行っております。
私も、品川近視クリニックでレーシック手術をし、0.01だった視力が、両目ともに1.5まで回復し、現在は快適な裸眼生活を送っています。

品川近視クリニックでは、眼科専門医を積極的に採用し、すべての治療をクリーンルームで行うなど、医療レベルの品質向上にも積極的に取り組んでいます。

品川近視クリニックのホームページから適応検査を予約すると、約半日で返信が返ってきますので、 他院を検討している場合も比較検討の材料として一度来院してみられることをお勧めします。

その他のレーシック手術に定評がある病院一覧



次に、レーシック手術後を見てみましょう!

このページの先頭へ