レーシックができない場合

すべての方がレーシックができるわけではありません。
下記の条件に当てはまる人はレーシックができない場合があります。

ただし、レーシックの種類による条件の違いや、症状によってはレーシックを受けられる場合もあるので、 自己判断せずに実際に病院へ行き、専門医への相談や無料の適応検査をする事をお薦めします。

以下の疾患のある方

緑内障、円錐角膜、白内障、網膜疾患、角膜ヘルペス、黄班部変性、視神経障害などの疾患のある方。
術後に角膜創傷治癒過程に問題のある疾患、角膜疾患を起こす恐れのある薬剤の服用中の方。 また、糖尿病、膠原病などの病気の方。

17歳以下の方

眼球が成長過程にあるため、近視が進行中であったりするとレーシックができません。

妊娠中、授乳中の方

妊娠中はホルモンバランスが不安定のため、また、授乳中は術後に使用する目薬が、母乳や赤ちゃんに与える影響が解明されていないため、レーシックができません。

眼の状態

角膜の内皮細胞が極端に少ない方や、角膜が極端に薄い方はレーシックの種類を選ぶか、最悪できない場合があります。

自己判断せずに、まずは病院へ行って、相談してみましょう!

無料適応検査があり、レーシック手術で定評がある病院一覧



次に、レーシックのリスクを見てみましょう!

このページの先頭へ